サービス内容

教材について

藤拓弘の「ピアノ講師ラボラトリー」は、
充実した教材と抱負な特典が特徴です。
教材は、あなたのレッスンや仕事を充実させる、3つの柱でお届けいたします。

1.ノウハウ満載のCD教材 2.ニュースレター  3.会員様限定メルマガ

CD教材

CD教材

CD教材を試聴する EOF; } ?>

vol.1 イントロダクション

教室運営やレッスンに生かせる「CD教材(約50分)」を毎月お届けいたします。

メイン教材となるこの音声教材は、藤拓弘がこれまで培ってきた教室運営法やコンサルティングの現場で得た情報、藤の思考法などを「生の声」でお伝えしています。

また、ピアノ教育業界の著名な先生との対談も予定、レッスンで大切なマインド、アイデア、そして先生方のちょっとした裏話などもお届けする予定です。

CD音声教材なので、ご自宅でも移動中の車のなかでも気軽に聴けるので便利です。

あなたの教室運営やレッスン、仕事のやる気を上げ、より充実したレスナーライフを送るための情報を、バッチリとインストールしていただき、今日からのレッスンの活力にしていただけたら幸いです。


ニュースレター

CD教材と共に、ニュースレターを送付。教室運営やレッスンに使える「生きた情報」を毎月お届けいたします。

これまで500名以上のピアノの先生のお悩みにアドヴァイスしてきた実績をもとに、コンサルティングの現場や、使えるノウハウを掲載。

年間300冊の書籍を読破する藤が選ぶ、「ピアノ講師もこれを読もう!(略:これヨモ!)」で、おススメ書籍を厳選してご紹介。

また、会員様の成功事例や、ご活動の様子、セミナーやイベント報告、またメルマガではほとんど語ることのない藤のライフスタイルや育児についてもお伝えしていく予定です。

会員様限定メルマガ

会員限定メルマガ毎週配信している「成功するピアノ教室」では語ることのできない情報を、会員様限定のメールマガジンにて月に2回配信いたします。
教室運営の裏ワザ的な内容も含め、お得な情報をお伝えいたします。
自主開催のセミナーの「先行告知」や、これから刊行予定の新刊情報についてもいち早くお伝えいたします。

CD教材内容紹介

»来月号が待ち遠しい!次回予告

vol.23

次回は、ついにご登場!大人気作曲家の春畑セロリ先生との対談! EOF; } ?>

次号のCD教材は、数々の曲集や教本や雑誌の連載、そして全国で展開されているセミナーなどで著名な、作曲家の春畑セロリ先生をお迎えしての対談をお届けいたします。会員様にお聞きした、「対談が聴きたい先生」の上位にランクインした春畑先生。ピアノの先生に絶大なる人気を誇っているその訳は、私も実際にお会いしてよく分かりました。明るいお人柄のなかに、お仕事にかける情熱と思いを感じ、たくさんの刺激をいただきました。今回は、春畑先生の魅力に迫りつつ、ご著書について、また作曲家の目線からのピアノレッスンやこれからの指導に必要なものなど、詳しくお聴きすることができました。まさに満を持してのご登場。次号もどうぞお楽しみに!

(2014年2月発行予定)

過去にお届けしたCD教材

vol.22

「みみをすます」の町田育弥先生が語る!ソルフェージュとピアノレッスンのポイント EOF; } ?>

2014年1月号 在庫あり

  • 作曲家・町田育弥先生のご紹介
  • 「みみをすます」が生まれた経緯とは?
  • レッスンに来なくてもいいようにレッスンする
  • 音を「聴くこと」の本質とは?
  • レッスンで大切にしている「待つこと」とは?
  • ソルフェージュは曲を「読み取る」ために必要
  • 子どもたちに音楽を濃く体験させる方法
  • レッスンでアンサンブルが大切な理由
  • 楽曲分析は演奏と密接に結びついている
  • コードやハーモニーに興味を持たせる方法
  • 町田先生のレッスン理念とは?
  • 作曲家として大切にしていること
  • 町田先生にとって「プロフェッショナル」とは
vol.21

フラメンコギター教室の池川寿一先生が語る!生徒が100人集まる!教室運営と生徒募集の秘訣 EOF; } ?>

2013年12月号 在庫あり

  • フラメンコギタリスト池川寿一先生のご紹介
  • 池川先生のフラメンコギター教室について
  • ギター教室業界の現状を把握する
  • これからは「動画」での生徒募集が主流!
  • 生徒を集めるブログの「3 つのポイント」
  • 日本で一番イベントの多いギター教室?
  • 入室率100%の体験レッスンのポイント
  • 大人のレッスンではここに注意する!
  • コミュニケーションのコツは○○になること
  • 保護者も見たくなるようなレッスンをする!
  • お金のトラブルを防ぐシステムを組む
  • 講師を採用するときの3 つの視点
  • 全国規模で生徒募集をする方法
  • 池川先生のこれからの夢やビジョン
vol.20

日本ギロック協会会長の安田裕子先生が語る!ギロックの魅力とレッスンのポイント(特別2枚組) EOF; } ?>

2013年11月号 ※この教材は販売しておりません。ご了承下さい。

  • 安田裕子先生とギロックのご紹介
  • 日本ギロック協会について
  • 安田先生が思うギロックの作品の魅力
  • ギロックをレッスンに取り入れる意義とは?
  • 安田先生が考える「コンクール」について
  • 「秋のスケッチ」にまつわる面白い現象
  • ギロックを学ぶことで習得できるもの
  • 安田先生の「導入レッスン」は?
  • ギロックを学ぶと作曲したくなる?
  • 日本とカナダのピアノ教育の違い
  • 子どもにピアノを教えるときに大切なこと
  • ギロック指導のポイントは?
  • 子どもに自分の「音」を聴かせる
  • 耳コピーは耳を鍛える?
  • 安田先生がおススメするギロックの作品
  • ギロックにまつわる作曲家について
  • ピアノの先生そして音楽がつながる場
  • 安田先生のこれからのビジョン
vol.19

中嶋恵美子先生が語る!発達障碍児のピアノレッスンのポイント(特別2枚組) EOF; } ?>

2013年10月号 在庫あり

  • 中嶋恵美子先生とご著書のご紹介
  • 発達障碍の子のレッスンを始めたきっかけ
  • 知っておきたい「発達障碍」について
  • レッスンを受け入れるかどうかのヒント
  • 発達障碍の子のピアノレッスンのニーズについて
  • お母様方がピアノ教室に求めているもの
  • お母様と接するときに気をつけたいこと
  • ピアノを弾くと得られる身体的な効果とは?
  • 発達障碍の子へのレッスンの「心構え」
  • 中嶋先生がおススメの教材は?
  • リズム感を養わせるための工夫
  • 最初から楽しく曲を弾かせる理由
  • 発達障碍の子とのコミュニケーションのコツ
  • やっぱり弾きたい曲をやらせるのがベスト
  • 盛り上がる発表会の作り方
  • 生徒をついてこさせる「先生の後ろ姿」
  • 保護者との良好な関係を築く秘訣
  • 発達障碍の子のレッスンを学べる場のご紹介
  • 最後に中嶋先生の夢やビジョン
vol.18

人気作曲家の轟千尋先生の魅力とピアノ教育への熱い思いに迫る EOF; } ?>

2013年9月号 ※この教材は販売しておりません。ご了承下さい。

  • はじめに~轟千尋先生のご紹介
  • 轟先生のお仕事スタイルは「サラリーマン型」?
  • 作曲家の道を目指された道のり
  • 強い人脈運があるのは○○しているから
  • 轟先生が作曲するときに大切にしていること
  • とにかく「ピアノで遊ぶ」子どもだった
  • 轟先生が思う「ブルグミュラー」の魅力
  • レッスンで大切なのは「おしゃべり」である
  • ピアノの先生も指揮者も同じ役割
  • 轟先生が考えるアナリーゼの「3 つ」のあり方
  • フランスでの取材で気づいた「対話」の大切さ
  • 耳を育てる「ソルフェージュ」のポイント
  • ピアノの先生が「アレンジ力」をつけるコツ
  • 導入期のレッスンで大切にしたい○○
  • レッスンの現場での「ポピュラー音楽」のあり方
  • 作曲家やピアニストを目指す人への助言
  • おわりに~「いちばん親切な楽典入門」のご紹介
vol.17

やめない理由は「満足度」にあり!生徒を笑顔にする折田信枝先生の教室運営 おススメ! EOF; } ?>

2013年8月号 在庫あり

  • 折田信枝先生のご紹介
  • 教室を始めた頃の生徒募集の秘策
  • 折田先生のピアノ教育理念とは?
  • 「コード」を用いたピアノレッスンの効果
  • 生徒に自分で曲を決めさせる理由
  • レッスン同伴は賛成?反対?
  • なぜ85 名の生徒を1 人で教えられるのか?
  • 折田先生が「食育」にこだわる本当の理由
  • 生徒がやめないのは○○を減らしているから
  • 折田先生が使用するレッスン教材
  • 生徒をとりこにする「魔法の箱」とは?
  • 口コミが起こる発表会の工夫
  • 生徒に働く意味を教える効果
  • ネットで伝えるべきは生徒への「愛情」
  • 保護者とのつながりを作る「広報紙」
  • これからのピアノの先生に必要なスキルとは?
vol.16

【対談シリーズ11】「保育士資格試験を合格に導く!ピアノ実技のレッスンポイント」(特別2枚組)おススメ! EOF; } ?>

2013年7月号 在庫あり

  • 保育士養成のスペシャリストの白井森子先生のご紹介
  • 保育士資格試験の概要について
  • 実技試験の内容と選択のポイント
  • 保育士資格試験の実技は「弾き歌い」
  • 弾き歌いの実技で試験官はここを見ている!
  • 本番でしっかり歌える伴奏つけのコツ
  • 白井先生が「お試しレッスン」をする理由
  • ピアノより歌を先にレッスンする理由
  • ピアノのレッスンは○○○から始める
  • 前奏はつける?つけない?
  • 試験で緊張してしまう生徒のメンタルケア
  • 自宅では一回しか練習させない理由
  • レッスン室でできる試験対策とは?
  • 音楽以外の実技もレッスンしてあげる
  • 生徒の「緊張しない」は疑ってかかる!
  • 自治体や私立幼稚園の採用試験対策
  • 自由曲の選曲のポイントとおススメ教材
  • 初見の得意な人は○○な人?
  • 幼稚園の先生は現場で即使えるレッスンを
  • 練習させるストップウオッチの効力
  • 「向こう側」にいる子供たちを意識する
  • 大人の生徒さんへのレッスンの心構え
  • 保育士・幼稚園の先生の生徒募集法
  • 最後に白井先生からのメッセージ
vol.15

【対談シリーズ10】「子どものやる気を引き出す!鈴木敬先生のピアノ教育の真髄」(特別2枚組) EOF; } ?>

2013年6月号 在庫あり

  • 鈴木敬先生のご紹介とご活動について
  • ピアノ指導者も知っておきたい「2つの最適」
  • ○○を刺激すると子どもの心に火がつく!
  • 子どもとのコミュニケーションのポイント
  • ピアノを続けさせる秘策は○○○にあり
  • やる気を引き出す「目標の持たせ方」
  • 褒めるよりも感動すると子どもは喜ぶ
  • 保護者を協力者にしてしまう付き合い方
  • クレームは自分を成長させるチャンス
  • お母さんにもレッスンする効果
  • 保護者とコンタクトを取る様々な工夫
  • やる気を引き出すレッスンのポイント
  • 鈴木先生が使う教材は○○○
  • ピアノ演奏に大切な「歌」と「呼吸」
  • 先生こそ身に付けたい和声と伴奏法
  • 体験レッスンは「理念」を伝える場
  • アコースティックピアノを買ってもらう秘策
  • 情報発信の媒体としての「イベント活用」
  • 絵を音楽にする「ピュアメロディー」とは?
  • これからのピアノ指導者に必須なもの
vol.14

【対談シリーズ第9弾】「生徒をやめさせない極意を伝授!植田恵理子先生の教室運営に迫る」(特別CD2枚組) EOF; } ?>

2013年5月号 在庫あり

  • ごあいさつと植田先生のご紹介
  • 植田先生の教室の概要と運営ポリシー
  • 退室を防ぐために必要なこと
  • 保護者とのコミュニケーションのポイント
  • 生徒が自主的に創り上げるイベント
  • 生徒同士をつなげるコミュニケーションツール
  • 月謝をスムーズに上げる方法
  • 補講や規約のポイント
  • 導入レッスンはこうして惹きつける!
  • これからのピアノ指導者に必要なもの
vol.13

【対談シリーズ第8弾】「ご指導歴53年、全日本ピアノ指導者協会理事の江﨑光世が語る!ピアノ教育の極意」(特別CD2枚組)おススメ! EOF; } ?>

2013年4月号 在庫あり

  • ごあいさつと江崎先生のご紹介
  • 江崎先生との出会いについて
  • 江崎先生の教室運営の実情に迫る
  • 導入レッスンのポイント
  • ソルフェージュの大切さについて
  • 保護者や生徒とのコミュニケーション
  • イベントは何のためにやるのか?
  • 江崎先生が考えるコンクールのあり方
  • 子どもたちには何を教えるべきか
  • これからのピアノ指導者に必要なもの
vol.12

【対談シリーズ第7弾】「音環境コンサルタント・齋藤寛先生が語る!ピアノ指導者もできる音環境の活用とライティング術」(約70分) EOF; } ?>

2013年3月号 在庫あり

  • ごあいさつと齋藤寛先生のご紹介
  • ピアノ教室で応用できるBGMの使い方
  • USENはこんな風に選曲している!
  • 音楽が脳にいい理由をあらためて考える
  • ピアノと運動能力との意外な関係
  • 高齢者の方こそやるべきはピアノ!
  • 「ピアノは脳にいい」は生徒募集で効果的に使える!
  • 生徒を集めるライティングのコツは○○○しないこと
  • 大切なのは、読み手がついてきているかどうか
  • 女性向け文章の書き方のポイントはここ!
  • 書くコツは○○始めるしかない
  • 自分だけのBGMを持っておくことの効果
  • 出版は誰にでもできる!
  • ブログを出版につなげるためのポイント
  • やり続ける人が一線を超えることができる
vol.11

「ピアノ指導者としての夢をかなえる!目標達成のコツとポイント」(約50分) EOF; } ?>

2013年2月号 在庫あり

  • 目標を設定する理由は○○○するため
  • 【ワーク1】大きな夢を描くためのワーク
  • 「目標」と「目的」の違いは?
  • 【ワーク2】ビジョンを明確にするためのワーク
  • 良い目標の「5つの条件」
  • 【ワーク3】目標達成への目標設定ワーク
  • 目標を達成するために必要な「3つ」のこと
  • 目標達成のための「2つのこころ」
  • 藤が実践する3つのワークをご紹介
  • 目標達成に必要な時間術
  • 上手にお願いすると目標達成に近づく!
  • 行動の次は検証する
  • 夢は共有すると叶いやすくなる
vol.10

【対談シリーズ第6弾】「元・敏腕編集者が語る!音楽業界で出版を実現するためのポイント」(約60分) EOF; } ?>

2013年1月号 在庫あり

  • ピアノの先生も知っておきたい出版業界の実情
  • 編集者の立場から見たピアノ教育業界
  • 商業出版で重要なポイント
  • 自費出版はしてはいけない!?
  • 出版社が本当に求めている企画とは?
  • メディア関係者はこうして著者を発掘している
  • プロフィールの重要性
  • 編集者の目にとまるのはこんな企画書!
  • 出版社へのアプローチ法
  • 一般的な出版までの流れ
  • 販促やプロモーションのコツ
  • 出版したいピアノの先生へのアドバイス
vol.9

【対談シリーズ第5弾】「トップ指導者のピアノ教室運営の秘密に迫る!二本柳奈津子先生の教室運営」(特別CD2枚組)おススメ!

2012年12月号 在庫あり

  • 二本柳奈津子先生のご紹介と指導方針
  • 教室を始めたきっかけと教室概要
  • 月謝の決め方、上げ方の工夫
  • 二本柳先生が考える「教室の差別化」とは?
  • バスティンと音色にこだわる導入期の指導法
  • 保護者とのコミュニケーションはここに注意!
  • 生徒とのコミュニケーションの秘訣は「雑談」にあり
  • コンクールのあるべき「使い方」
  • コンクール入賞者も普通の子も共存できる理由とは?
  • コンクールに出場させる理由は○○のため
  • イベントを開催する「本当の理由」
  • グループレッスンは生徒たちを1つにまとめる!
  • ここがポイント!退会させない工夫
  • 補講や振替レッスンの悩みはこれで解消
  • これからの若いピアノの先生へ
  • 生徒についてこさせる「先生像」とは?
  • 最後に二本柳先生からのメッセージ
vol.8

【対談シリーズ第4弾】「プロコーチの平田奈美先生が伝授!レッスンに役立つコミュニケーションの極意」(約60分)おススメ! EOF; } ?>

2012年11月号 在庫あり

  • ごあいさつ
  • レッスンの現場で活きるコーチング
  • 生徒にきちんと練習させるアプローチ
  • こうすれば保護者も練習に協力する!
  • すぐに泣く子の対処法
  • 動き回る子どもには○○を使う!
  • コンクールで実力を発揮させる方法
  • 同伴したがる保護者へのアプローチ
  • 保護者会の活用と会えない親とのコンタクト法
  • 子どもたちをやる気にさせる「魔法のコトバ」
  • 保護者ができる声かけのポイント
  • 生徒と親へのほめ方のポイント
  • 目標達成の技術【先生編】
  • 目標達成の技術【生徒編】
  • 平田先生のこれからのビジョンとまとめ
vol.7

【対談シリーズ第3弾】「益子祥子先生の教室運営に迫る」(特別CD2枚組)おススメ!

2012年10月号 在庫あり

  • ごあいさつ
  • 益子先生の教室の概要
  • 新米の先生だったころの失敗談
  • これがポイント!「指導計画」
  • レッスンスケジュールの組み方
  • 生徒を伸ばす「レッスンノート」とは?
  • 生徒や保護者とのコミュニケーションのコツ
  • イベントの効果的な開催法
  • 小さい子のレッスンのポイント
  • 益子先生の生徒募集活動
  • 入会率ほぼ100%!の体験レッスンのポイント
    etc.
vol.6

「生徒が集まる!ピアノ教室の生徒募集チラシの作成ノウハウ」(約50分)

2012年9月号 在庫あり

  • ごあいさつ
  • 知っておきたい「広告の3大原則」とは?
  • 最大のポイント!チラシを作る目的
  • 失敗するチラシの5つの特徴
  • チラシを作る前にやっておきたい3つのワーク
  • 問い合わせを増やす3つの秘策
  • チラシに載せるべき7つの必須項目
  • チラシの反応率を上げる10のポイント
  • チラシの効果的な活用法
  • まとめ
vol.5

【対談シリーズ第2弾】「鵜飼絵美先生に学ぶ メールコミュニケーションの基本と実践」(約50分)

2012年8月号 在庫あり

  • ご挨拶&鵜飼絵美先生のご紹介
  • そもそもメールコミュニケーションとは?
  • 今この時代にメールが大切な理由
  • メールを改善するとこんないいことが!
  • メールで学ぶべき5つの基礎的なポイント
  • コミュニケーションを円滑にする考え方
  • 件名は相手のためにある
  • クレームメールの対応での注意点
  • 保護者とのメールの注意点
  • 携帯メールはここに注意
  • 生徒を集めるのは○○なメール
  • メールのスキルはすべてのライティングに通じる
  • まとめ
vol.4

【対談シリーズ第1弾】「ミュージックキーの田村智子先生のピアノ教育観に迫る~」(約50分)おススメ!

2012年7月号 在庫あり

  • 田村先生のプロフィールと自己紹介
  • 講師になりたての頃のエピソード
  • 今のピアノ教育業界の現状は?
  • ピアノ指導で大切なのは○○○!
  • 幼児のレッスンで使われているマル秘グッズ
  • 保護者とのコミュニケーションのポイント
  • メールを使うときに注意すべきこと
  • 田村先生の教室運営について
  • 田村先生は生徒募集しない!?
  • 教材の出版は目的ベースで
  • ピアノの先生が必要な資質とは
  • 一人のピアノの先生としてどうありたいか
  • これからの先生へのメッセージ
vol.3

「魅力を10倍伝える!ピアノ講師のプロフィール構築法」(約50分)おススメ!

2012年6月号 在庫あり

  • 藤もプロフィール作りに悩んでいた
  • プロフィールとは「○○○」である
  • プロフィールの本当の目的とは?
  • プロフィールによって集まる生徒が変わる?
  • ピアノ講師もプロフィールを大切にすべき3つの理由
  • プロフィールを考えるときに重要な2つのポイント
  • 書く前にまずはこの3つを決めよう
  • 【ワーク】自分を見直す2つのワーク
  • プロフィールに載せるべき5つの項目
  • 藤拓弘のプロフィールを解説
  • 魅力的なプロフィールへの5つのポイント
  • 2つのバージョンを用意しよう
  • 出来上がったら必ず「○○○」をもらう
  • プロフィールをグレードアップさせる理由
  • 過去プロフィールの活用法
vol.2

「ピアノ講師も必須!書く技術と読ませるポイント」(約50分)

2012年5月号 在庫あり

  • 人がものを書く理由は○○してもらうため
  • ピアノの先生も書く技術が必要な理由とは?
  • 文章力を上げるための3つの方法
  • 文章を書く前に確認すべき3つの大切なこと
  • 藤 拓弘が文章を書く前にすることとは?
  • ブランディングを前提にした文章の書き方
  • ライティング能力を上げるためにできる7つのこと
  • 売るため、人を集めるための文章のポイント
  • 今月号の教材のまとめ
vol.1 創刊号

「ピアノ教室運営&生徒募集 成功のポイント」(約50分)おススメ!

2012年4月号 在庫あり

  • 藤 拓弘による自己紹介と仕事にかける思い
  • コンサルティングを通して見えてきたもの
  • ピアノ教室を運営する目的は○○○○すること
  • 感情とプロ意識について
  • 教室運営と生徒募集の関係とは?
  • 【ワーク】あなたの教室の現状を探る
  • 生徒募集の第一歩は○○の生徒を集めること
  • 【ワーク】具体的な生徒像をイメージする
  • マーケティングの観点から考える3つのメリット
  • 生徒募集に必須の2つのポイント
  • 7つの問いかけで「教室の棚卸」をする
  • 【ワーク】生徒の10年後を見る
  • 教室を創り上げる「要素」とは?
  • ピアノ教室運営者に必要な3つの力
  • 成功するピアノ講師の7つのマインド
  • 今月の教材のまとめ